診療の流れ

診療方針

きたしろ歯科診療所での歯科診療について

きたしろ歯科診療所では、生涯健康な歯で豊かな生活を送っていただくために予防歯科を中心としたMTM(メディカルトリートメントモデル)に沿って歯科診療を行っています。

MTM(メディカルトリートメントモデル)とは、初期のリスク評価から、個々の患者さんに合わせた予防プログラムの立案、最小侵襲治療などを行い、定期的なメインテナンスに至るまで流れです。

img04.jpg

歯科医療の目的は、「早期発見し、破壊部分を外科的に修復し、欠損部分を補綴的に補う」というものから、「できるだけ欠損の時期を遅らせる」ようにマネジメントしていく方向へと向かっています。
もちろん、そのためには、医療者は多くの専門的な知識と的確な技術を保持していることが必要で、それを適切に生かし患者が安心して継続的に来院できるような人間性やコミュニケーション能力が欠かせません。また、診療所は快適で清潔で、個人のプライバシーが守られた医療環境を備えていなければなりません。

初診・診査・診断

それぞれの人がかかりやすい疾患や、その原因を、正確に審査、診断することから治療、予防の第一歩が始まります。
年齢、歯の部位、細菌の種類と数、唾液や歯の性質など、いくつかの要素が重なった時に歯や歯周組織の病気にかかります。
予防はその危険度に応じて、危険性のある部位や全身の状態などを知った上で行う事が効果的です。

う蝕・歯周病の発症前治療・最小侵襲治療

歯を失う90%の原因で、歯の二大疾患であるう蝕と歯周病。
そのう蝕や歯周病を発症する前の潜伏期、またはごく初期の病気のうちに発見し、治療と予防をすれば、自分の歯を生涯、健康に保つ可能性が高くなります。
そこで、私たちは、科学的できめ細な診断をしたうえで必要であれば最小限の治療を行い、予防の為の目標と方法を具体的なプログラムとして作成します。

メインテナンス

それぞれの患者さんのリスクと、効果的な予防法を把握したうえで、専門の歯科衛生士が口腔内の健康を維持するために継続的な管理を行い、う蝕や歯周病の原因となるバイオフィルムを破壊、除去していきます。

MTM(メディカルトリートメントモデル)について